- サービス名の由来 -

「KAI」山梨県の旧国名である甲斐国(かいのくに)の意味に「viz」ラテン語で「vizin hanca」”近所”を加えた造語です。

宣告の方々にとって山梨県がより身近に感じられる新たなサービスを提供する。山梨県の生産者を近くで手厚くサポートするサービスを提供する。2点のサービス理念の元にサービス展開を行う意味が込められています。

- VISION -

消費者へ安心安全なサービス提供を行い、山梨県に対する興味関心を向上させる。また、県産物の販売を通して、県内各産業の認知度と売上の増加に寄与する。そして、産業の発展に貢献することから次世代への継承を通し、持続可能な山梨づくりに欠かすことの出来ないシステムサービスとしての価値を創造する。 

- MISSION -

一人でも多くのお客様に本物の山梨を届けるべく、良質な商品を選定すること。野菜や果樹等採れたての新鮮な状態でお客様にお届けすること。安心してサービスを提供していただけるよう、正確で明細な情報発信を行うこと。常にお客様への最善なサービスの提供を行うため、日々サービス改善を行うこと。共に未来を担う若者の流出と各産業生産者の高齢化は、人口減少と農作物の生産量の大幅な低下により、本県に対するフルーツ王国やワイン県としての全国的認知力は希薄化し、観光客の減少等から関連する幾多の業種に影響を及ぼし、県全体の衰退する姿が目前に迫っています。
この山梨県の現状課題を打破すべく、弊社では、山梨県の魅力を発信しながら全国的な関心を高めることで県内産業の発展に寄与させること。また、本県への移住誘致活動等から産業継承のための後継者確保などを経て、持続可能な未来ある山梨づくりに向け、地域密着型復興支援企業として存在意義を高めていくことを目的に使命を全うしていきます。